ジム・ロジャーズを超える成長株のブログはこちら 15倍株 発掘投資家 Kazの、急成長株の発掘と解説: ヤフー

2007年02月08日

ヤフー!携帯事業への参入は?

ソフトバンクの続きを書こうと思ったのですが、今日は
ヤフーについてです。

つい先日、ディー・エヌ・エー (マザーズ:2432)が携帯電話で
仮想商店街を始める、というニュースがありました。


さらにディー・エヌ・エーは、携帯でのSNSで、独走中です。


では、ネットでNo.1のヤフーはどうか?


日本経済新聞にて、ヤフー社長の井上雅博氏は、「パソコンと
比べると携帯は通話とメール利用が圧倒的に多い」とのこと。

まだ事業として、ヤフーに大きく貢献できるような規模ではない、
という認識でした。

ですから、今後、どのようなビジネスモデルでいくか、検討して
いくとのこと。

日本経済新聞
「回転いす:携帯向け事業慌てず:ヤフー社長 井上雅博氏」
07年2月6日 11ページより


ヤフーは、正直大きくなりすぎて、小回りが利かなくなっている
のでは、という印象です。

ある雑誌でも、ヤフーの社員は、会社内がお役所的になって
いる、ベンチャー精神が失われてきている、というような
ことを、取材先の人に話していたそうです。


ということは、ディー・エヌ・エー のようなベンチャーには
有利なことです。


今後、ディー・エヌ・エーが大きく成長すれば、ヤフーも
参入するのではないでしょうか?


なお携帯で会員費を払ったり、買い物をするのは、確かにまだ
額が小さすぎて、パソコンの比ではない、ということは事実
だそうです。


先日、出席した、ネットビジネスのコンファレンスで、携帯の
市場の可能性について、話していました。




posted by 15倍株発掘投資家Kaz at 11:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | ヤフー

2006年09月13日

ヤフーのROAは、No.1

昨日、ブログを更新したはずでしたが、なぜか反映されていないことに、今気付きました…

なぜでしょう???

仕方がないので、気を取り直して、今日はヤフーのROA(総資産利益率)について申し述べます。

ファンダメンタル投資家の15倍株発掘投資家Kazとしては、ROE(株主資本利益率)やROAといった指標に敏感に反応してしまいます。

今後発売される「日経会社情報 2006 秋号」では、ROAのランキングが出ているそうです。それは以下の通りです:


              ROA(%)
1.ヤフー          30.9
2.HOYA         24.3
3.シンプレクス       23.7
4.東京個別指導学院     22.5
5.太平洋金属        22.3
6.テイクアンドギヴ・ニーズ 21.8
7.マクロミル        21.7
8.日本高純度化学      21.4
9.カカクコム        21.4
10. ハニーズ         20.9


対象は、東証1部と2部のみです。ですから、新興市場は含まれていません。

今日も数字が揃わない…

ブログの原稿では、揃っているので、原因がよく分かりません…
posted by 15倍株発掘投資家Kaz at 22:19 | Comment(0) | TrackBack(1) | ヤフー