ジム・ロジャーズを超える成長株のブログはこちら 15倍株 発掘投資家 Kazの、急成長株の発掘と解説: ソフトバンク

2007年11月07日

ソフトバンク、営業利益49%増!アリババ・ドット・コム上場で含み益も増加!

ソフトバンクは昨日、中間決算発表をしました。

ソフトバンクの売上高は22%増で、営業利益49%増でした!ぴかぴか(新しい)


と申し上げても、いったいどの位は分かりづらいですよね?

ですので、以下のようにライバルのNTTドコモとKDDI
比較させていただきます:

---------------------------------------------------------------

中間決算の結果(携帯電話事業)

単位は億円、カッコは前年同期比

 社名     : 売上高   :営業利益
NTTドコモ  :22,960(-2):4,339(-18)
KDDI    :13,811( 8):2,722( 13)
ソフトバンク: 8,145(39): 942( 66)

---------------------------------


中間決算の結果(連結業績)

単位は億円、カッコは前年同期比

 社名     : 売上高  :営業利益  :純増数
NTTドコモ  :23,251(-2):4,084(-21): 320,600(-67)
KDDI    :17,342( 8):2,496( 9) :1,028,800(7)
ソフトバンク:13,647(22):1,677( 49):1,142,800(11.8倍)

---------------------------------------------------------------

「純増数」とは、携帯電話の新規加入者数から解約数を差し引いた
額です。

それにしても、11.8倍とは凄いですね!わーい(嬉しい顔)

NTTドコモのシェアがまだまだ大きいので、そこを獲得していけば
まだ伸ばせるでしょう。


さらに、昨日はアリババ・ドット・コムが香港市場に上場しました。晴れ

ソフトバンクは、アリババ・ドット・コムの親会社の33%の
議決権を持っています。

アリババ・ドット・コムの上場によって、一部の株を売却したため、
その売却益数百億円を第3四半期に計上する予定です。


アリババ・ドット・コムの株を保有しているため、含み益は
数千億円だそうです。

ヤフー(日本)の株の含み益は確か、1兆円以上です。

今後、アリババ・ドット・コムの株価が上昇していけば、当然
ソフトバンクの含み益は拡大します。


さらに、ソフトバンクは、アリババ・ドット・コムと合弁で
日本法人を設立する方針です。

それもうまく行けば、利益貢献するでしょう!グッド(上向き矢印)


とここまで聞くと、ソフトバンクの将来はバラ色に聞こえるでしょう。

ちょっと待ってください!

ソフトバンクには懸念材料もあります!

ソフトバンクの懸念材料は…

こちらの、無料メルマガのどちらかで申し上げる予定です:
(まだどちらで書くか、決めておりません!)

KazのIPO無料メルマガ
【初心者の株式投資株Q&A!15倍株発掘をKazが手助け】その1
http://www.mag2.com/m/0000146246.html

【株の初心者を手助け!IPO(新規公開株)も解説!】その2
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/3155/p/1/

また、アリババ・ドット・コムについては、こちらのIPOブログ
にて書きましたので、ご興味ございましたらご笑覧くださいませ:

http://ipokaz.seesaa.net/article/65245870.html

posted by 15倍株発掘投資家Kaz at 10:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトバンク

2007年10月16日

ソフトバンク、昨日も上昇!今日は反落で始まる

ソフトバンクは、昨日も上昇しました!わーい(嬉しい顔)

これで、9月18日つけた1951円の最安値からみると、36%も
上昇したことになります。ひらめき

さすがに今日は、反落で始まりました。ふらふら昨日、アメリカ株が
大きく下落したことも、影響しているでしょう。

なぜなら今朝は、日本株全体が下落しているからです。


ソフトバンクが上昇した理由は…


まず本業の、携帯電話事業で、契約純増数が続いているからです。

9月まで5ヶ月連続で首位をキープです。


しかし、株価上昇の強い理由は、契約純増数よりも以下の理由の
ほうが大きいでしょう。


今まで下落を続けていた新興市場が、とうとう上昇に転じ始めた
からです。

つまり、新興市場に投資資金が戻ってきたのです。


株関連の新聞によりますと、外国人投資家が新興市場株の
買いに入った、とのことです。

9月末から、2週連続での買い越しだそうです。

つまり、海外の機関投資家が買いに入っているのでしょう。


新興三市場で株価が急上昇したのは、代表的なネット関連株です。


ヤフー(4689)、楽天(4755) といったネット株を代表する株価が
急上昇を始めました。

個人に人気のあるディー・エヌ・エー(2432)、ミクシィ(2121)などなど。

ソフトバンクは新興企業ではないのですが、この株は、
個人投資家の心理を表しています。

なぜなら、個人投資家に絶大なる人気を集めている株だからです。


またソフトバンクは今でもヤフーの大株主で、含み益が
1兆円以上あります。

そのほかにも、ソフトバンクはネット関連株の保有株が
数多くあります。

それらが成長すれば、ソフトバンクの含み益はさらに拡大する、
というわけです。グッド(上向き矢印)


しかしながら、ここ2、3日はネット関連の新興企業の
株価は一服感からか、下落しています。

今後、外国人投資家の新興市場株の買いが続くかどうかに
注目します。

続いて欲しいですね。
posted by 15倍株発掘投資家Kaz at 09:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトバンク

2007年04月10日

ソフトバンクの株価、デッドクロス形成?でも今日は買い?

ソフトバンクの株価は、昨日、デッドクロス形成しました。

5日移動平均線が25日移動平均線を上から下に抜ける、いわゆる
「デッドクロス」を形成しました。

「デッドクロス」…

これって、直訳すると、死の交わり?
     
恐ろしい |'(恐 0 怖)'|


主力株がほぼ全面高の中、ソフトバンクだけが3日続落でした。

しかし今日(4月10日)は、前場、買われてます。(*^_^*)


ソフトバンクが売られた原因は、3月の携帯電話契約数で
ソフトバンクモバイルの契約者3大キャリアのなかで最下位と
なったことが理由のようです。


電気通信事業者協会(TCA)あ、先週の6日に「3月の
携帯電話契約数でソフトバンクモバイルの契約者が、
12万7600件の増に止まった」と発表しました。


ソフトバンクの携帯電話契約数は、以下の通りです:

1月 16万4000件、
2月 12万 400件、
3月 12万7600件


1月は新価格体系の発表や番号ポータビリティー制の導入で
増加しましたが、その後は12万台で伸び悩んでいます。


しかしソフトバンク株価の信用倍率は、0.93倍と、1倍を
下回っているので、何かのキッカケで、また株価も活況を
呈す可能性はあるのではないでしょうか?
posted by 15倍株発掘投資家Kaz at 10:47 | Comment(1) | TrackBack(0) | ソフトバンク

2007年03月19日

本日のソフトバンクの株価は?

最近、ソフトバンクの売買をよくします。

ほとんど買っていますが、今日は損益ゼロで、手数料分だけ
マイナスでした。

午前中は忙しくて参戦できず、午後になってタイミング
悪く参戦しました。

今日のことから学ぶことがあったので、それを次回に
活かします。(*^_^*)

なお私は孫社長を大変尊敬しています。でもそれが理由で売買しているわけ
ではありません。(*^_^*)

本日のソフトバンクの株価の様子は以下の通りでした:


softbank3_19.jpg


紫の曲線が『株価移動平均(5本)』です。

緑の線が『株価移動平均(25本)』です。


前日終値 2,975

始値 3,010
高値 3,080
安値 2,995
終値 3,080
前日比 +105 (+3.53%)

出来高 35,860,000 時価総額
3,251,377百万円
posted by 15倍株発掘投資家Kaz at 23:54 | Comment(2) | TrackBack(0) | ソフトバンク

2007年03月17日

ソフトバンクの本日、1日の売買の様子!

しばらく更新をしなくて、すいません。

一時体調を崩していたのと、確定申告を提出する必要があったためです。

14日に無事、間に合いました。

私は自営業であり、また株式投資家でもあるので、確定申告は結構面倒でした。来年こそは、準備をしっかりします。m(_ _)m


さて、今日からちょっと変わったサービスを始めようと思います。

以下は、16日のソフトバンクの一日の売買の様子です。

以下は、私が長年愛用している、楽天証券のマーケットスピード
から取材しました。
楽天証券 (http://www.kazkabu.com/rakuten-sec.html )


softbank3_16.jpg


実はソフトバンクの株を本日売却したので、このチャートを
記念に残します。\(^0^)/


私は昨年までは中長期投資家でした。しかし、今年に入ってから短期投資やデイトレードを時間があるときに始めました。


「まあ、初めは勉強のつもりで。トントンでもいいや」と思って
始めました。

忙しくて、結果を計算する暇がなかったのですが、今日、計算して
驚きました。


な、な、なんと!!!


1月も2月も利益が出ていました!

\(^0^)/


短期売買の結果

11万6777円←1月の利益(手数料を引いた額)

IPO投資の利益:40万円


23万0003円←2月の利益(手数料を引いた額)

IPO投資の利益:39万円


3月はさすがに、あまり利益は取れそうにないですが…


では、また頻繁にブログを更新して、ソフトバンクなどのネット
企業を中心にご紹介いたしますので、今後とも、何卒よろしく
お願い申し上げます。

m(_ _)m


PS

近々、不動産ファンドの企業2社の株主総会に出席します。

その様子をこのブログで御紹介するかも知れません。\(^0^)/

ちなみに、不動産ファンド関連の情報は、こちらを→
→ http://www.kazkabu.com/RealEstate/chikakouji.html

posted by 15倍株発掘投資家Kaz at 02:51 | Comment(2) | TrackBack(0) | ソフトバンク

2007年02月07日

ソフトバンクの目標株価

ソフトバンクの株価が最近、急騰しています。


今朝の日経金融新聞に、ソフトバンクの目標株価についての
記事が出ていました。


外資系アナリストたちが以下のような目標株価を設定し、そのたびに
ソフトバンクの株価も影響を受け、ジェットコースター並みに
株価が上下している、というものです。


06年

5月22日
クレディ・スイス証券、早川氏:目標株価2620円

当時のソフトバンクの株価は、上昇していて約2800円だったが、その後、急落


7月6日
メリルリンチ証券、合田氏、妥当株式価値1800円

当時のソフトバンクの株価は、上昇していて約2600円だった
が、その後、急落


8月21日
リーマン・ブラザーズ証券、
ニコラス・スプラット氏、目標株価1125円→900円

当時のソフトバンクの株価は、上昇していて約2400円だった
が、その後、急落


9月5日
クレディ・スイス証券、早川氏:目標株価2620円→1340円

当時のソフトバンクの株価は、約2250円だったが、その後
緩やかに下落


11月頃から株価は上昇基調。


07年
1月26日
クレディ・スイス証券、早川氏:目標株価1340円→3110円

当時のソフトバンクの株価は、約2600円ほどだったが、その後
株価は急騰。


日経金融新聞
『ソフトバンク株乱高下:アナリスト「買い」判断で急騰
 目標株価 振れ幅大きく:市場からは疑問の声も』
 2007年2月7日 K7ページより





posted by 15倍株発掘投資家Kaz at 10:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトバンク

2006年11月27日

ソフトバンクの事業収益とは?

ソフトバンクの事業収益って、皆様、ご理解していらっしゃいますか?

このブログで、ソフトバンクのことをよく取り上げておりますので、
今回は、どんな事業があるか申し上げますね。


ソフトバンクの事業

1.移動体通信
  ・ソフトバンクモバイル(携帯電話)
  ・BBモバイル

2.ブロードバンドインフラ
  ・BBテクノロジー(ADSL)
  ・ソフトバンクBB(FTTH、コンテンツサービス)
  ・ビー・ビー・ケーブル(ブロードバンド放送)

3.ヤフー(ソフトバンクは、ヤフーの大株主です)

4.固定通信
  ・ソフトバンク・テレコム(固定電話、インターネット)
  ・ソフトバンクIDC(データセンター)

5.イーコマース
  ・ソフトバンクBB(EC関連への投資)
  ・ベクター
  ・カービュー


そのほかにも、放送メディア、テクノロジーサービス、メディア、マーケティング、福岡ソフトバンクなどなど
posted by 15倍株発掘投資家Kaz at 23:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトバンク

2006年09月26日

ソフトバンクの携帯事業を証券化

今朝の日本経済新聞に、『ソフトバンク、携帯事業を証券化』と
いう文字が躍りました!!!


昨夜書いたブログの記事と関連するので、この記事についてお知らせします。


ソフトバンクはつい最近(確か4月)、ボーダフォンを買収しました。

期間1年間の短期借入金で1兆1600億円の資金を調達したの
です。

そのため、財務体質はさらに悪化していました。


そこでソフトバンクは、1兆4500億円を『証券化』して、調達する事に決めました。


ボーダフォンの収益を担保にするそうです。


これによって、ソフトバンクの財務はかなり改善されるでしょう。


ただしこの契約は、事業計画を大幅に下回るようだと、銀行は経営陣を
代える権利を持っているそうです。


まあ、孫社長が携帯電話事業を成功させれば、すべて丸く収まるのです!

尊敬する孫社長、頑張ってください!!!


ちなみに資金調達は、シティグループ、みずほコーポレート銀行、
ドイツ銀行などが主幹事を務めます。


早ければ10月下旬に払い込みする予定だそうです。


さて、投資家という立場から申し上げます。

このような巨額な資金調達があると、株式市場への資金の流入が
減少するので、短期的には需給の悪化が考えられ、好ましいもの
ではありません。


ただでさえ、株式市場は1月くらいから低迷しているのですから…


市場は、早く活況を取り戻さないかな…
posted by 15倍株発掘投資家Kaz at 11:21 | Comment(0) | TrackBack(1) | ソフトバンク

2006年09月25日

ソフトバンクの配当金

ソフトバンクは、配当金を出しています。

孫社長、有難うございます!!!


でも、ちょ、ちょ、ちょっと待った!!!


ソフトバンクは、毎年、毎年配当金を出していますが、実はこれ
普通ではないのです。


ソフトバンクは2002年3月期から05年3月期まで、
4年間毎年赤字でした。

しかし毎年、配当金を出していました。

通常、日本の企業は赤字になったら配当金は出さないです。


配当金は収益から出すのが一般的です。



06年3月期、ソフトバンクは黒字でした。


しかし連結利益剰余金がマイナス2186億円、つまり赤字です。

さらに1兆円を超える有利子負債を抱えています。

やはり配当金を出さないのが普通です。



しかし個人投資家が株を売りに出さないように、配当金を出し続けて
いるようです。


ちなみに会社四季報を見ると、ソフトバンクの07年3月期の
純利益は、約250億円…


08年3月期の純利益は約300億円…


借金はいつ返せるのでしょうか?


会社四季報はかなり保守的な数字を出すようなので、簡単にこの
数字を信頼するわけにはいかないです。


また天才的な経営者である孫社長です。これから、携帯電話で勝ち
続けるかもしれません。そうすれば、借金を大幅に減らせるかも
しれません。



しかし、有利子負債の大きさは、どう少なく見積もっても、ソフトバンクの
大きな足かせになるでしょう。


それでしたら、配当金のお金を出さすに、本業に資金を回すか、
有利子負債の削減に資金を回していただきたい、というのが
私の個人的な願いです。
posted by 15倍株発掘投資家Kaz at 23:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトバンク

2006年09月10日

各社携帯電話のサービス

携帯電話三社の主なサービスと料金施策


ソフトバンク
 
 サービス:ヤフーと連動した動画配信をする予定
 
 料金施策:携帯電話端末の割賦販売


ドコモ

 サービス:最長1時間の音楽番組を配信するサービスを行っている
      (Kaz:知らなかった…)

 料金施策:パケット通信定額制の利用可能範囲を拡大


KDDI(au)

 サービス:ニュースや天気予報を無料配信する予定

 料金施策:無料通話分で余った部分を、無期限で繰越するサービス


以上、日本経済新聞の『ケータイ新次元へ:「番号継続」の衝撃:「大人」装うソフトバンク』06年9月6日 11面より


日本経済新聞大好き、15倍株発掘投資家Kazでした!\(^0^)/
posted by 15倍株発掘投資家Kaz at 16:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトバンク

2006年09月09日

携帯契約純増数

8月の携帯電話・PHSの契約者数

KDDI:11万9900件増

 内訳:「au」が25万4400件増、「ツーカー」13万4500件減少
    「ツーカー」の顧客が「au」に流れた。

NTTドコモ:11万3000件増

 内訳:第二世代携帯電話から第三世代「FOMA」へ移行したため。

ボーダフォン(現ソフトバンク):1万6000件増

PHS最大手ウィルコム:4万8300件


電気通信事業者協会が7日に発表


ソフトバンクは、これから様々な機種やサービスを投入していくのでしょう。

すでに携帯でSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)ができるサービスを開始する、と発表しています。SNSとはミクシィ(mixi)のサービスと同じです。

ミクシィ(mixi)については、こちら → http://ipokaz.seesaa.net/

今後のソフトバンク携帯事業、まだまだ目が離せません。
posted by 15倍株発掘投資家Kaz at 22:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトバンク

2006年09月06日

ソフトバンク vs. KDDI(au) vs. NTTドコモ

ソフトバンクがボーダフォンを買収して、今後の携帯電話市場はどうなるか、私たち第三者としては今後の展開が楽しみです。

ソフトバンクは価格破壊を仕掛けるのか?それとも、孫社長の言葉通り、今回は無茶な価格破壊は仕掛けないのか?

2001年にヤフーBBを始めたときは、ADSL事業はまだ成長期でした。しかし携帯電話市場は、すでに成熟期という専門家が大半です。

ヤフーBBのときは、「パラソル部隊」を投入して多大なる人件費を掛けた割りには、成果はそれほど凄いものではなかったです。

黒字化するのを遅らせて、マーケットシェアを取りに行くのを最優先したために、まず借入金が悪化しました。

ソフトバンクは赤字を嫌い、1981年創業以来、2001年3月期まで、一度も赤字を出したことはなかったです。

しかしADSL事業のときだけは、赤字を垂れ流しても、市場シェアを取ることを優先しました。おかげで現在ソフトバンクの有利子負債は9052億円です。

そして利益剰余金(企業の利益の蓄積)は、ー2185億円(マイナス)です。

しかも、最近はNTTが光ファイバーを使ったサービス「フレッツ光」でマーケットをとりに行っているので、ADSLのマーケットは今後、それほど延びないといわれています。

となると、ADSL事業からは、ソフトバンクはそれほどの利益を期待できなくなります。幸い、携帯電話市場では、買収してすぐに黒字化したので、その点は安心ですが…。

ソフトバンクは、ヤフーBB事業でかなり財務諸表を傷めました。そのため、ボーダフォンを買収する際、金融機関は「無茶な価格破壊は、今回は慎むように」という約束で、借入金をしたとか…。

急成長株投資家Kazとしては、このあまりに傷んでいる財務諸表を見ると、ソフトバンクに投資をする気が無くなります。

でも個人的には、孫社長のことなので、何か仕掛ける、または仕掛けて欲しい、という期待がやはりあります。
posted by 15倍株発掘投資家Kaz at 19:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトバンク