ジム・ロジャーズを超える成長株のブログはこちら 15倍株 発掘投資家 Kazの、急成長株の発掘と解説: ヘッジファンド売りの可能性と円高の可能性!その2&ディー・エヌ・エーについて

2009年01月12日

ヘッジファンド売りの可能性と円高の可能性!その2&ディー・エヌ・エーについて

前回の最後に書いたことは重要なので、今一度申し上げます。

もし現在、輸出関連株を保有されていらっしゃる方で、ヘッジファンドの
大量の売りがご心配の方へ申し上げます。

いま利益が出ている方、または損切りを出来る方は、いまの
うちに売却されるほうが良いかもしれません。


または「調査を徹底してやっている。だから今の保有株は、
5年〜10年の長期保有で行く」とおっしゃる方は、2月15日
くらいまでにヘッジファンドの売りが終わるまで、株価が急落する
ことを念頭に置いていただくのが良いと思われます。

つまり、株価暴落を見て「うひゃ〜!こりゃ、大変だ!」

 |'(恐 0 怖)'|

と、パニック売りをされないようにしてください。

一時的な需給の悪化で終わる可能性があるからです。



3.世界のヘッジファンドは、今後、倒産する可能性がある。


これは、以前、いくつかのビジネス誌で読んだことがあるのですが、
昨年、多くの投資家が資金をヘッジファンドから資金を引き上げたため、
多くのヘッジファンドが倒産したそうです。

そして、今後もその流れが続くそうです。

ということは、多くのヘッジファンドの解約売りは、まだまだ続く
可能性がある、ということです。

ちなみに、日経ヴェリタスによると、現在、世界のヘッジファンドは
全部で6500本程度あるそうです。

「ヘッジファンド、売り再び?」2009年1月11日号 日経ヴェリタス 6面より



4.上記の理由で、外国人保有株比率が高い銘柄は、株価急落の懸念がある。

ということで、輸出関連株で外国人保有株比率が高い銘柄は、今後、
株価急落の可能性がある、ということになります。

ご注意ください。



● ディー・エヌ・エー(2432)は?

では私がご紹介したディー・エヌ・エー(2432)はどうでしょうか?

外国人保有株が、32.6%と、かなり高いです。

もしヘッジファンドがディー・エヌ・エー(2432)の株をかなり
保有していたら…、そして彼らが売却する必要が生じたら…、

株価は当然、急落します。

この点を念頭に置いておいてください。


ただご注意していただきたいのは、それは、短期的に需給が悪化して
の急落です。

ディー・エヌ・エー(2432)の業績が悪化したため、ではないのです。


ディー・エヌ・エー(2432)は、無借金です。

また今年も増収増益です。

「手元資金もかなり余裕があるため、海外の企業を買収する機会を伺っている」
と馬場社長は、つい先日の週刊東洋経済、または週刊ダイヤモンドで
話していました。


週刊東洋経済 (http://www.kazkabu.com/toyokeizai.html
 (1冊600円が、360円に!)

週刊ダイヤモンド(http://www.kazkabu.com/dwdiamond.html )
posted by 15倍株発掘投資家Kaz at 20:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 株価暴落後の急騰銘柄!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック