ジム・ロジャーズを超える成長株のブログはこちら 15倍株 発掘投資家 Kazの、急成長株の発掘と解説: ヘッジファンド売りの可能性と円高の可能性!

2009年01月12日

ヘッジファンド売りの可能性と円高の可能性!

前回お伝えしたあと、重要な情報があったため、訂正もかねて
急いで皆様にお伝えすることにしました。


今回お伝えしたいことは、以下の通りです:


1.ヘッジファンドの株の売却が大量に出る可能性がまだある。

2.それがいつ始まるか、分からない。

3.世界のヘッジファンドは、今後、倒産する可能性がある。

4.上記の理由で、外国人保有株比率が高い銘柄は、株価急落の懸念がある。

5.年初、94円まで下落した円高は、特殊事情があったため。
  今後も円高が進行する可能性は十分ある。

------------------------------------------------------------------

では、詳しく解説します。


まずは以下です:

1.ヘッジファンドの株の売却が大量に出る可能性がまだある。



以前「昨年10月、11月、ヘッジファンドが株式市場で株を
売って、売って、売りまくったため、世界の株式市場の株価は暴落した」
と申し上げました。


また先日、申し上げましたが、ヘッジファンドの売りが
次回あるとしたら、2月15日以前になります。

「秋にあれだけ売りまくったから、2月はそれほど売りが
 でないのでは…」

と楽観していらっしゃる方々は、少なくないかもしれません。

実は私もその考えがありました。

ところが…


今週号の日経ヴェリタスに、懸念すべき記事が載っています。

「ヘッジファンド、売り再び?」2009年1月11日号 日経ヴェリタス 6面より


この記事によると、「前回、ヘッジファンドは顧客の解約を
かなり凍結したため、2月はその凍結した解約が、ドバーと
出るかもしれない」というのです。


もしそうだとすると、2月15日まで、世界の株を再び
売って、売って、売りまくる可能性が出てきます。

詳しくは、駅の売店のキヨスクにて、日経ヴェリタスをご購入になって
お読みください。

またはお近くの日経新聞販売店に問い合わせると、最新号を
届けてくれることが、よくあります。



2.それがいつ始まるか、分からない。


問題は、ヘッジファンドの売りがいつ始まるか、誰にも分からない
ことです。

もしかしたら、先週末からすでに始まっているのかもしれません。


もし現在、利益確定できる方、または損切りを出来る方は、いまの
うちに売却されるほうが良いかもしれません。

続く
posted by 15倍株発掘投資家Kaz at 20:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 株価暴落後の急騰銘柄!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック