ジム・ロジャーズを超える成長株のブログはこちら 15倍株 発掘投資家 Kazの、急成長株の発掘と解説: ディー・エヌ・エー(2432)への投資を考察

2009年01月06日

ディー・エヌ・エー(2432)への投資を考察

昨日の続きです。

昨日 載せた数字を再掲しますと…

------------------------------------------------------------------

ディー・エヌ・エー(2432)

09年3月期 売上 営業利益 経常利益  純利益

通期予想 37,000  14,500 14,600  7,800
通期の進捗率 0.48  0.53    0.54    0.55
中間決算 17,702   7,721 7,845  4,303

------------------------------------------------------------------
08年3月期 売上 営業利益 経常利益  純利益
本決算 29,736 12,662 12,820 6,776
------------------------------------------------------------------


通期までの進捗率も、50%前後と悪くないです。

過去の進捗率も、ほぼ同じ進捗率です

(正確に言えば、今期の方が進捗率は高いです。ただ今期は
 下方修正したのと、成長性が落ちたので、
 比較するのは、あまり適正でないと思います)。


不動産関連株や建設株と違い、突然死はまず考えられません。


さて、問題は株価です。


★ 5日移動平均線は、75日移動平均線を突き破る
  ゴールデンクロスが近づいています。




★ 下値

下値をご確認してください:


10月30日:19万3200円
11月21日:19万8500円
12月 3日:20万7600円
12月12日:24万7100円
12月22日:25万8000円


ご覧のように、少しずつ下値が切りあがっています。


下値が切りあがっての上昇は、今後の株式投資に、大変役立ちます。
ぜひ、習得してください。

また上の株価は、下値支持線にもありえます。

ですから、株価が下落した場合、どこで下げ止まるか
注意してください。



★ 損切り

下値支持線を突破して下落したら、損切りが必要になるでしょう。

損切りをする覚悟がない方は、株式投資はお勧めできません。


もし損切りをしても、その後、下げ止まりを確認して上昇に
転じてから、再度買いに入る、というのが、リスクを減らした
良い投資でしょう。



もしディー・エヌ・エー(2432)に投資されるのでしたら、
ディー・エヌ・エーの日足と、日経先物、日経平均株価(日経225)、
TOPIX、そしてマザーズ指数との日足と比較してください


(マザーズ指数は、ネット関連株に影響を与える傾向が
 あります。)


続く



株価がいったん上昇トレンドに入ってしまえば、少々
月次が良くない数字が出ても、株価はそれほど下がらない可能性が
高くなります。

posted by 15倍株発掘投資家Kaz at 00:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | ディー・エヌ・エーやエキサイトの携帯SNS
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック