ジム・ロジャーズを超える成長株のブログはこちら 15倍株 発掘投資家 Kazの、急成長株の発掘と解説: チャンス、輸出関連株!

2009年01月04日

チャンス、輸出関連株!

前回、「輸出関連株はまだリスクがあると思う」と申し上げました。

しかし今は見方が変わりました。


今は、投資資金に余裕のある方は、輸出関連株を買いに入っても
良い
と思っております。

少なくとも短期投資では…。

うまく上昇トレンドに入れば、中期投資にもなりえます。


輸出関連株をお勧めしても良いと思う理由は、以下の通りです:



1.アメリカではひどい経済指標の数字が連続して出ている
  にも関わらず、1月2日まで株価は上昇を続けていて、
  今ではNYダウは、9,000ドル台、ナスダックは
  1600ドル台にまで上昇した。

2.VIX指数(恐怖指数)もかなりよくなっている。
  http://finance.yahoo.com/echarts?s=^VIX#symbol=^VIX;range=5d
  (上のチャートは、なぜか途切れてしまいます。ご自身でつなげて
   ご覧くださいませ)


3.円も対ドル、対ユーロで下落している。例えば、対ドル
  では、12月18日1ドル87円でしたが、今では92円です。

4.輸出関連株、特に資源株のいくつもの銘柄が力強い上昇の
  チャートを示している。

  例:三井物産(8031)、住友鉱山(5713)。


5.ということは、まだ上昇していない輸出関連株も
  何かのきっかけ次第で、三井物産(8031)や
  住友鉱山(5713)のように上昇する可能性が十分予想できる


  そうなってから投資するのでは、利益は少ない。そのため、
  投資するなら、今がチャンスなのでは、と思える。

  (三井物産(8031)は短期的に見ても、明日以降も上昇する
   可能性が高い
と見ています)


6.ヘッジファンドは、前回、11月15日までが激しく売りに出た。
  次回、売りに出る時は2月15日まで、というのが多くの専門家の
  読み。

  なぜなら、毎四半期にヘッジファンドは換金売りをしているため
  ということは、まだヘッジファンドの激しい売りが出る時期ではない
  ことが予想される。


以上の理由です。


もちろん、今後ずーと上昇、と楽観的に見ることは出来ません。

しかしオバマ新大統領は、経済政策の予定をドンドン出している現在、
株価は良い反応を示してきました


今後もそれが予想できます。

少なくとも、オバマ大統領の就任式である1月20日までは
輸出関連株の逆襲があっても不思議ではないと思えるのです。


では、どの輸出関連株が良いのでしょうか?

以下にリストがあります:


【年初からの下落が最もひどかった銘柄『TOPIXコア30採用銘柄』】
 http://kazkabu.seesaa.net/article/108080272.html


【株式新聞お勧めの「深押し好実態」30銘柄】
 http://kazkabu.seesaa.net/article/108079356.html


明日の月曜日に、他の輸出関連株の上昇が始まるかもしれません。
posted by 15倍株発掘投資家Kaz at 21:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 株価暴落後の急騰銘柄!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック