ジム・ロジャーズを超える成長株のブログはこちら 15倍株 発掘投資家 Kazの、急成長株の発掘と解説: 長期株式投資に関する要注意点

2008年10月12日

長期株式投資に関する要注意点

前回の『株ブログ』で以下のように申し上げました:

『株価が安くなった今は、絶好の投資チャンスです。三井物産(8031)、
三菱商事(8058)、伊藤忠商事(8001)、丸紅(8002)などは下げ止まった兆候が
見れるため、これらのどれかへの投資が良いかもしれません。』



ただ申し忘れたことがありました。


★ 長期株式投資に関する要注意点1 ★

商社株は、あくまで一例です。

私はこれらの株の投資をお勧めしているわけでは、ありません。

またこれらの株に長期投資をされるのでしたら、きちんとした調査を
行ってから、投資してください


伊藤忠商事(8001)は08年10月11日付けの日経新聞に
「伊藤忠、架空取引500億円超、元課長を懲戒解雇。」
とありました。

こういった点もご注意してください。

投資はくれぐれも自己責任でお願いいたします。



★ 長期株式投資に関する要注意点2 ★

くれぐれも全財産を株に投資されないでください。

全財産を株に投資するのは、投資ではありません。

投機です。

バクチです。

闘士だけでは、ヘッジファンドが何百億円を売却する株式
市場のなかで、株に勝つことは出来ません。


今後、株価がさらに暴落するかもしれません。

その時、余裕資産があれば、株価の暴落時に、さらに株を買い増す
ことが可能になります。


しかし全財産を投じてしまうと、株価がさらに暴落したとき、
突然『生活費が必要だ!』となり、損切りをせざるをえなく
なります。

そうなったら、無駄な損失を出すことになります。


これに関しては、このメルマガで今までも、何度も
申し上げたかと存じます。


また、このメルマガでも何度もお勧めした本
「ピーター・リンチの株で勝つ 新版」
http://www.kazkabu.com/peterlynch01.html
きちんと熟読した方は、当然、そのことを
ご存知かと存じます。


繰り返します。

くれぐれも全財産を株に投資されないでください。

株の投資で生き残りたい方は、くれぐれも全財産を株に
投資されないでください。


これが『一生で最後のチャンス!』とおっしゃる方も
なにとぞ、全財産を株に投資されないでください。

熱い情熱だけでは、ヘッジファンドが何百億円を売却する株式
市場のなかで、株に勝つことは出来ません。


辛抱が必要なときは、忍耐力こそ株式投資で生き残る道です。

これも「ピーター・リンチの株で勝つ 新版」の本に書いて
あります。


せっかく良い本を読んでも、それが頭に入っていないのでしたら、
読んだことになりません。

本を読むことは、ご自身の投資を成功させるためです。

ぜひ、読んだことを理解し、実行してください。

------------------------------------------------------------------

■ 今後は金?

なお『今後は金の価格がまだ上昇する。今後は金を保有することを
お勧めする。』と説く方もいらっしゃいます。

それが副島隆彦氏です。

【恐慌前夜】 副島 隆彦 (著)
http://www.kazkabu.com/soejima01.html

非常にためになることを書いていらっしゃいます。

posted by 15倍株発掘投資家Kaz at 21:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 株価暴落!どうする個人投資家!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック